離職防止が企業にとって重要な3つの理由

事業を成功させるための必須の資産として、「ヒト・モノ・カネ」といわれます。

成長フェーズによってそれぞれの重要度は異なりますが人口減少フェーズにある昨今、特に「ヒト」は不可欠な要素といわれます。従業員のことを「人財」と表し、大切に扱っている企業が確実に成長しているケースも珍しくなくそうした事実を証明しています。早くから「ヒト」の重要性に気付いている企業は、成長戦略の中にしっかりと「離職防止」を組み入れています。なぜ、従業員の離職防止にそこまで力を入れる必要があるのでしょうか。大きく3つの理由が考えられます。

ひとつは、離職による事業運営のダメージを避けるため。2つ目は、欠員補充のために発生する甚大な労力の捻出を避けるため。最後は、離職者が続くことによる企業イメージの低下を阻止するためです。1つ目については単純に人が減るわけですから、業務の遂行には少なからず影響が出ます。他の従業員の士気にもかかわるだけに、何としても離職防止に努めるワケです。2つ目については労力はもちろん、人材の獲得コストも大きく、離職防止に注力する方が費用対効果の面でも理にかなっているからです。

3つの目の理由は、実は一番重要かもしれません。もしも離職者が続くようなら、それには何らかの原因がある。それを放置し、仮に離職者がネガティブな情報をSNS等で発信したらどうなるか…。当該企業のイメージは低下し、採用活動、さらには事業活動にも悪影響が及びかねません。だからこそ企業にとって、離職防止は重要なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *