離職防止策が会社の成長を支える

辞めたいという人をわざわざ引き止める必要はないと考える会社もありますが、人材の流出は企業にとって重要な問題です。

特に入社してからきちんと知識や技術を習得してきた社員が辞めてしまうのは、大きな損失になります。もちろん入ったばかりの社員でも、リクルーティング活動にお金をかけていたり、時間やお金をかけて採用していたりして、損失が無いわけではありません。順調に育てば1年後、2年後には仕事をこなせるようになることを考えると、考え得る策を講じて離職防止を試みる必要があります。

企業イメージの悪化も非常に大きな問題です。辞めてしまう人が多い会社には何らかの原因があり、その口コミを投稿するサイトもたくさんありますので、これから入社したいという人も減ってしまうかもしれません。一度悪いイメージがつくと払拭するのは難しいですし、挽回するチャンスがないままどんどん人材を確保できなくなるという悪循環に陥るケースもあります。口コミの影響は驚くほど大きいので、問題として分かっている部分は早めに改善することが大事です。

離職防止のために対策を行う企業は、常に悪い部分を見直してより良い環境を作ろうと試みます。ですから自然と魅力がアップして入りたいと思わせるような企業になりますが、離職防止を講じない会社は現状に満足していて悪い部分には目を向けないため、それ以上の成長を望めないのが問題点です。数年経てば人材も周りの環境も変わっていきますので、常に見直しは必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *