離職防止のポイントは離職の原因を探ること!

終身雇用という観念はとっくに崩れ、今や転職は当たり前の世の中になりました。

しかし雇用する側から考えれば一人前にするために研修や社内教育を施し、高いコストを費やしたにもかかわらず短期間で辞められてしまったら、大きな損害に繋がってしまいます。そこで企業側が考えたいのが離職防止に向けての対策ですが、まずは社員が会社を辞めてしまう理由から考えることが重要なポイントです。転職理由で多いのが、有給休暇の取りづらさ等です。いくら給料が高くても有給が好きな時に取れないという会社はたくさんあります。

そして有給取得が難しい理由のひとつが、人間関係だったりするのも事実です。ですから企業側は離職防止の対策として、そういった職場の人間関係を向上させるというのも大切なポイントなのではないでしょうか。例えば匿名で職場の状況がわかるようなアンケートを行うなどして、現在の現場の忌憚のない意見をしっておくことが肝心です。

人間関係を向上させるためには、コミュニケーションは欠かすことが出来ません。社員間で十分にコミュニケーションが取れていないようならば、仕事を離れた交流の機会を作るというのもひとつの方法です。そこに業務時間とは異なる相手の人間性を見て、それが切っ掛けとなって関係が良くなったなどという話は枚挙にいとまがありません。企業側はすぐに転職されて困ると嘆く前に、離職防止に向けてどんなことが出来るかということをしっかりと考える必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *