モチベーションの向上を図って離職防止

社員が辞めたくなるのは、現在のポジションや待遇面に不満があったり、人間関係が上手くいかなくてストレスを感じているからです。

ポジションに関しては実力に見合ったものでなければ与えられませんので、希望するレベルに達するのが難しいかもしれませんが、その道筋を示すことはできます。待遇面は正当な評価を与えるのがポイントであり、実力に見合った評価がなされていなければ不満が出るのは当然です。どちらも退職の決定的な理由になるため、離職防止のために何らかの策を講じなければなりません。

仕事さえ円滑にできていれば人間関係に少々問題があってもトラブルとして捉えない会社がありますが、離職防止のためには人間関係にも目を向ける必要があります。特に若手社員の場合には不条理な目にあっていても周りに伝えられないことが多いので、追い詰められて退職を決意してから知ることも少なくありません。人間関係のトラブルが発生した時に迅速に動ける会社なら、社員も居心地が良いのでいつまでも長く勤めてくれます。

社員のことを考えて様々な対策を行うことが、離職防止につながります。安心できる環境が用意されていると仕事にも集中でき、効率もアップするはずです。一定のモチベーションを維持することができると業績アップにもなるため、社員一人一人が働きやすい環境づくりを目指すことをお勧めします。環境の改善は社員の意識にも変化をもたらし、心の余裕を持って仕事に臨めるようにもなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *