主な理由を押さえて離職防止対策を考える

人々が会社を辞めたいと考える場合の理由で多いのが、長時間労働や休日の少なさです。

労働時間が長すぎて、日常生活がままならないほどの人もいますが、長く続けているうちに気力が低下してきて、何のために仕事を続けているのかが分からなくなります。追い詰められると、考えることも億劫になって仕事から解放されたいと考えてしまいますので、長期にわたって長時間労働を強いているような会社は体制を見直さなければなりません。休日が少ないことでも同じ状態に陥り、プライベートの時間も作れなくなって精神的なストレスが増大します。人間関係も辞めたい理由の一つに入り、離職防止の対策ではパワハラやセクハラへの対処を重点的に行うケースもあります。

ハラスメントを訴えられる窓口が設けられている会社では相談する機会がありそうですが、実際には相談したら会社に居場所がなくなるのではないか、評価に影響が出るのではないかと感じてなかなか話せません。窓口を設置するだけでは効果的な離職防止策とは言えず、相談しやすい環境にすることも非常に大切です。適材適所を実践していればミスマッチを感じて辞めてしまう社員は出ませんが、ミスマッチに気付かずに配置してしまうこともあります。職務関連で不満があるケースでは、上司に聞き取りをしてもらって別の職務にチェンジできないかを検討するのが効果的な離職防止策であり、いくつかの職務を試してもっともマッチしたものに変えれば不満は解消されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *