不満を解消して離職防止

離職理由でもっとも多いのが報酬に関する不満であり、給与面が低いと評価されていないと感じてしまいます。

評価されなければ当然モチベーションも上がりませんので、会社にとっても業績は上がらず悪循環です。人事評価は非常に難しくて、皆が納得するような結果を出すことは困難ですが、客観性を示すことができれば最終的に納得できますので、客観性を示すための体系作りを行う必要があります。また、評価に関する詳細を面談等で詳細に伝えるのも良い方法であり、その際に改善点があれば直接指導することが離職防止になります。

会社内でのコミュニケーションが不足していると悩みを抱えていても打ち明ける機会がなくて、最終的に辞めると結論が出てから知ることになるのも問題です。離職防止対策が成功している会社では、社内の風通しが良くて縦の連携も横のつながりもしっかりとしています。密にコミュニケーションを取ることで信頼して相談できるため、アドバイスを受けたら素直に聞き入れることができますし、親身になって相談に乗ってくれているという安心感から続けられそうという前向きな気持ちも出てきます。

残業が多かったり休みを取りにくい職場では、勤務時間の見直しが急務です。時間的な余裕が無くなると仕事に対して前向きに見ることができず、小さな問題が大きいと感じますので、些細なトラブルが離職へとつながります。余裕のある勤務体系にすると精神的な余裕が生まれ、離職防止にも役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *