今から見直したい離職防止のための取り組み

今の時代は一つの会社にずっと身を置くということも少なくなっていますが、せっかく採用した人材ですから戦力としてずっと続けて欲しいと考えます。

しかし、労働者は様々な点に不満を持ち、その不満点を解消できなければ辞めたいと思ってしまいますし、魅力ある会社作りができなければ引き留めることができません。会社ができる策としては離職防止の取り組みを始めるのが有効であり、最近では会社ごとに様々な対策を始めているようです。最初に見直したいのは労働条件の見直しであり、現在の条件に全く問題が無いという会社でなければ非常に有効な離職防止となります。

労働条件を整えることはモチベーションを高めるのに役立ち、会社への帰属意識も生まれます。その一つとして残業時間を減らすことはとても効果的ですので、作業効率を高めて残業を減らす努力をすることが大切です。特に若い世代では残業時間が長すぎるとプライベートな時間を確保できなくなることから、仕事に嫌気がさしてしまうことが多いようです。

働く上で悩みを抱えることは誰でもありますが、その悩みを打ち明ける場所が用意されていれば踏みとどまれます。相談窓口を設置して社員の悩みを聞き取って、改善できる点を模索しながら一緒に解決していく姿勢を見せれば、社員も追い詰められることなく続けられます。職場の人間関係に悩んで辞めるケースも多々あり、実際に退職まで追い込まれている場合には離職防止策が講じされていません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *