離職防止対策は企業にとって重要課題

少子高齢化が進む日本では、人材の不足が今後ますます加速すると言われています。

しかしながら要因はそれだけではなく、働きづらい職場であることで離職する人が増加し、人材が不足している業種や企業も多くなっているのが事実です。それを改善するために、企業はあらゆる離職防止の取り組みを行なっていくことが必要です。社員の定着率を上げることは、収益向上しいては企業成長につながることになるからです。離職防止対策を行なわないとどうなっていくかというと、何より「企業の求心力が下がる」という問題が生じます。つまり、極端に言えば「社員が定着しにくい」イコール「ブラック企業」というイメージを持たれてしまうことがあるのです。

インターネット時代、元社員の口コミや体験談・転職サイトなどでの評価で、離職率の高い会社の情報は拡散します。そうなると応募数も減り優秀な人材を確保することが難しくなります。いくら採用活動に力を入れても、優秀な社員を定着させることが出来なければ全く意味がなくなってしまうというわけです。

したがって、離職率が高い企業が優先的にすべきことは、採用を活発にするのではなく離職防止対策なのです。逆に、離職防止対策をしっかりして社員の定着率を上げることが出来れば、「辞める人が少ない」イコール「良い企業」というイメージを持つ人が増えて、企業の求心力は高まっていきます。そこに好循環が生まれて、企業も活性し社員と共に成長していくことが可能となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *