給与日払いシステムを導入する前に

月末にまったく予測していなかった急な出費が発生して、給料日までお金に困ったという経験をしたことがある人は決して少なくはありません。

もちろんキャッシング等で凌げれば良いのですが、それが切掛けとなって借金を繰り返し、利子がかさんでしまうということも考えられることです。そんな時でも給与日払いシステムを導入している会社に所属していれば、自分の給料を前倒しにしてもらう設定なので利用する側も安心することが出来ます。実際に給与の日払いシステムを導入している会社では、導入前よりも求人の応募人数が格段に増えたというメリットが報告されています。応募者が多ければそれだけ選択の幅が広がり、優秀な人材を確保出来る機会が増えるということです。

また、離職率が下がったという事実もあります。しかしもちろん、給与日払い制にはデメリットも存在します。例えば希望者が多過ぎて会社側が対応しきれないということが起こらないとも限りませんし、受け取る従業員側にはその都度手数料が発生してしまうことなどです。また、自分が稼ぐお金だという認識から、気軽に依頼してしてしまい家計の採算が合わなくなってしまうということも懸念されます。従って給与日払いシステムの導入を考えている企業は、事前にそのメリットとデメリットをしっかりと認識することが重要です。そのうえで設置することによって、総合的に判断して会社にとってプラスになることが増えて行くのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *