給与の日払いで人手不足を解消

アルバイトの求人広告で最近よく見かけるようになったのが、「日払い可」という文言です。

工場や小売店、シーズン営業の宿泊施設などの求人でよく見られるこの言葉ですが、実態は読んで字のごとくです。すなわち、時給制にしろ日給制にしろ通常であれば月に1回まとめて支払われる給与を、希望すれば毎日受け取れるというものです。できるだけ早く給与を手にしたい労働者にとっては、このシステムは非常に合理的です。求人に応募してくる人の中には当座の生活費に困っている人も少なくなく、そういう人は働き始めても最初に給与を手にすることが最長で1か月先となるとそれまでの間、家賃や食費などの支払いに窮してしまいます。

日払いで資金を確保できれば、安心して仕事に専念できます。こうしたことから、日払いシステムは人手不足に悩む事業者の間で、求人に対する応募率をアップさせるための手段として注目を集めるようになっています。他の事業者との差別化を図れるだけでなく、従業員満足度の向上にも役立ちます。このシステムを導入すれば1か月あたりの支給回数が増えるため、当然ながら事務量が増加します。しかし近年では、アウトソーシングサービスの普及も進んでいます。スマートフォンにアプリをインストールし、振込先の口座情報をあらかじめ登録しておけば、従業員が操作するだけで経理を通さずに直接支給を行えるので、事務の負担を増やさずに導入することも十分可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *