給与の前払いを制度化する

給与の多くは月給払いとなるのが一般的ですが、月に一度の支払いで対応できないというケースも珍しくはありません。

また急には出費が必要になった場合もありますから、可能であれば給与はいつでも支払われるような状態であることが従業員にとっては望ましいと言えます。しかし月払いとなっているものを前払いするというのは経理処理を行う時には煩雑になるため、会社にとって負担のかかるものです。このような問題を解決するために登場したサービスが給与の前払いサービスを提供する会社になります。前払いといっても実際のところは、従業員を雇用している会社に代わって支払うというものです。

この場合貸付というイメージになると思いますが、前払いの場合には貸付ではなく従業員の勤務状態を確認し、すでに発生した給与に対して支払うというものでお金を借りるというよりは、給与債権を現金化するという性質のものになります。前払いサービスといってもいくつかの種類があり、一つは制度として従業員が希望すれば現金化できるファクタリング的なものもありますし、会社に代わって勤怠管理やその他の事務作業を外注し、そこから制度として支払日より前に支払いを行えるようにするというものがあるものです。これらを導入するメリットとしては、募集する際に求人数が増えるということや採用後の定着率をアップさせるということがあります。またケースによっては事務処理の負担を軽減することができるので、経費削減にもつなげることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *