給与の前払いには応じなければいけないケースも

企業は従業員に対して給与前払いをしなければいけない状況があります。

それは非常時のときであり、例えば病気や災害などが発生した状況です。非常時以外であれば法的に応じる必要はありませんが、企業側の判断で支払いするのは問題ありません。法律に接触しない部分に関しては、企業側の裁量で決定できます。給与の前払いは前借りとよく混同されることが多いですが、前借りの場合はまだ働いていない日数分の貸し出しをすることです。貸し出しに関しては、非常時であっても応じる必要性はありません。貸し出ししたら出勤してこなくなったなどのトラブルが発生する可能性は十分にありえます。もちろん会社側が善意で貸し出しする分には問題はありません。企業が給与前払いを導入するのは、応募率や定着率を高める意味合いがあります。

求職者は少しでも好待遇の職場で働きたいと常に考えているのです。そうすると必然的にさまざまな企業を比較するので、給与前払いなどの制度がある会社を選ぶことが多いです。給与が同じであれば、誰しも福利厚生がよい会社を選択するでしょう。はじめて入職する職場では、働きやすさの部分は見えてきません。体験入職をしても人間関係の深いところは見えないのです。そうなれば目に見える数値で比較し、仕事を選ぶという方が多いでしょう。前払いが従業員から注目されているのは、お金がないときにローンを利用せずに乗り切れる可能性があるからです。特にアルバイトやナイトワーク業界に普及しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *