給与前払いの仕組みを利用するメリット

従業員を募集するとき、給与前払いを導入することで定着率を上げられるかもしれません。

すぐに働いた分の給料がもらえるのであれば、お金に困っている人がやりくりしやすいからです。また、給与前払いサービスを活用すれば、月給制の場合であってもこの仕組みを導入することができます。サービスを利用して導入するメリットは、前払い分の資金を自社で確保する必要がないことです。この仕組みを提供しているサービス会社が代わりに立て替え払いをしてくれるからです。

給与の前払いは会社にとっては負担となる行為ですが、これなら負担を感じずに仕組みを導入できるので、制度を設けて愛場合は活用をおすすめします。導入するにあたって、企業側がシステム利用料等を負担しないのが一般的です。基本的にこの仕組みで先に払ってもらう従業員の方が手数料を支払う形となっています。従業員にとっては数パーセント程度の手数料が取られるものの、先に支払ってもらえるのは助かるのであまり不満に思うこともありません。システムによりますが、働いた分全額の支払いがなされるのではなく、働いた分の何割までといった上限が定まっている場合が多いです。本来給料日前にお金がないとすればキャッシングなどの方法でお金を確保せざるを得ないですが、それを繰り返していると借金の返済に困ってしまいます。その点、前払いはきちんと自分がすでに働いた分の対価から差し引かれるだけなので、借金に溺れるリスクを回避可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *