iPhoneXに顔認証が使われると何が変わるのか

###Site Name###

iPhoneXに使われると噂されている顔認証は、人間の顔を認識して持ち主かどうかを判断する技術です。

iPhoneXに使われると何が変わるのか、どのような操作に使えるのか等を把握しておくと、スマートフォンの買い替えや新規購入の参考になるでしょう。

顔認証技術が使える範囲は意外に広く、まずiPhoneXを起動する際に本人かどうかを確認する目的で利用できます。

本人である事が確認できれば起動してスマートフォンとして使えるという風に、よりスムーズにロックを解除する事が可能です。

また、本人確認が可能であるという事は、金銭のやり取りに使う事も可能という事になります。

iphoneを通じて商品を購入した際に、本人確認の為にいちいちパスワード等を入力する必要が無いという技術にもなるでしょう。従来の指紋を利用した本人確認と違い、手を洗った後のロック解除もしやすいでしょう。

手が濡れていてロックが解除できないというトラブルもなく、よりストレスフリーな利用環境が得られる技術です。

近年の顔認証技術はかなり進歩しており、iPhoneXを持ちあげることなくテーブルにおいたまま顔を認証してもらう事も可能です。ただし、なりすましやよく似た人物との混同を避ける為に、虹彩認証等の技術と組み合わせる必要があるでしょう。
iPhoneXに搭載されると言われている顔認証についても、顔認証技術と共に虹彩認証が併用されると噂されています。搭載される事になれば、本人確認にいちいち手を使ったり、スマートフォンに顔を近づけたりしなくても良いスマートな利用が可能になるでしょう。

2017年に9月以降に登場するとウワサされているiphoneの最新機種であるiPhoneX。


ネット上でもどのような機種になるのか、どんな機能を備えているのかといった様々なウワサが飛び交っています。

しかし、2017年7月の時点でAppleから正式な発表がされているわけではないiPhoneXのことですから、まだはっきりと確実にわかっていることはありません。


そもそもiPhoneXという名前になるかということもわかってはいないのです。

現在ネットで取り沙汰されるウワサとして、重要なキーワードの一つといえるのがベゼルフリーという言葉です。


ベゼルとは枠とか額縁といった意味の言葉ですが、スマートフォンでは操作画面の外側の枠のことを指します。

ベゼルフリーというのはその枠の部分がまったく無いということを意味します。



それにより、操作面がすべてモニタで埋め尽くされたようなデザインになるということになるのです。


その結果、現在のiphone7と同じサイズを維持しつつ、それまでの4.7インチより大きい5インチのモニタが採用されるといわれています。
このような様々なウワサを賑わすのは、関係筋からのリーク情報や流出した情報などです。例えばデザインなどでは、金型やそのCADデータなどの情報を元に推察されています。

iPhoneXではこれまで以上に様々なリーク情報が錯綜しているようですが、10周年記念モデルとなる可能性もあることから、期待感の表れと見ることもできるでしょう。

iPhoneXは9月頃に発売されると噂されています。


販売直前にならなければ企業が公式発表をしないために数多くの情報が乱立する状態になっています。


そもそもスマートフォンはいくつも販売されているにもかかわらず、iPhoneXだけがクローズアップされるのはなぜなのでしょうか。

いくつか理由を考えてみましょう。
1、スマートフォンとして販売されるきっかけをつくったから2、毎回新しい技術が登用されているから3、iPhoneXではこれまで誰も実現できなかったことが可能になると噂されているからそれぞれ具体的に検討していきます。

1、携帯電話が主流であった頃に初めてスマートフォンとしてシリーズの販売を開始しました。



パソコンのような操作性と携帯電話のような持ち歩きやすいことを合わせたものとして発売され、世界が驚いた経緯があります。

斬新なものであったことから注目されているのです。

iphoneXに関する詳細です。

2、他企業で搭載が先送りされている機能をおしげもなく使用しています。
新しい機能が必ずしも使いやすいものではありませんが、アイディア力には毎回驚くことばかりです。

3、これまで誰も実現させなかったもののひとつに背面カメラレンズを2つにすることです。

全ての機種に導入するのではないかと噂されています。

ハイスペックモデルしか配置されることがなかったものを全ての機種に導入することで全ユーザーにとって使いやすいと言われています。

パノラマ撮影など使い方は様々です。

2016年の9月に、iphone7と、iphone7Plusがリリースされ、注目を集めていたが、世間ではもうすでに次世代のiphoneシリーズのリリースに注目が集中しています。どうしてかというと、2017年は初代iphoneがリリースされてから10周年にあたる節目の年になるためです。
これまでのリリーススケジュールに従って考えると、2016年9月にiphone7シリーズがリリースされて、2017年にはiphone7sシリーズか、iPhoneXシリーズがリリースされると予想されます。

しかし、2017年は恒例となっているiphone7sシリーズのリリースをスキップしてiPhoneXシリーズをリリースさせる可能性が高まっていると予測されています。その上に、海外ではiphone7sシリーズのリリースより、iPhoneXシリーズのリリースの方に関心が高まっている状況です。

そのため、2017年にiPhoneXシリーズがリリースされる可能性は決してが低くないということができます。
2017年にリリースされる予定の新型のiPhoneXシリーズは、iphone10周年のプレミアムイヤーということでスマートフォンの本体のデザインが大幅にリニューアルされて、機能の面でも大幅にアップデートされることが予測されています。

例を挙げると、有機EL画面が取り入れられたり、ホームボタンが画面の中に取り込まれたり、より一層薄くなったり、新しい色が登場したりということが考えられます。